ささやき

いやな事
腹立たしい事
許せない事
悲しい事
空しい事
苛立つ事
罪悪感
自己嫌悪

永遠の暗黒
眠る事のない悪魔のささやき
憂鬱と倦怠の泥沼
青白き死体の腐乱

いつまで心にとどめても
何も変わらない
失ったものは二度と戻らない
腐ったものは崩れ去っていく
崩れ去っていく自己
私が私を殺していく

見ろ
おまえが殺した青白き死体は
おまえではないか!

ささやきが聞こえる
遠い昔に聞いた唄
永遠の理想と化した故郷
初めて愛を告げたときの胸の高鳴り

死体は笑う
おまえが殺した者達の
呻き声を忘れたか、と

殺した者たちに殺されて行くのが世の習わし
蟻地獄の中に引きずり込まれているのは
私だけではあるまい

ささやきを聞く
それは貝殻に耳を当て潮騒を聞くように
脆弱に振幅を繰り返す音

ささやきが知る
私の見る幻想がいかにちっぽけなものか
私の喋る理想がいかに浅薄な事か

ささやきがいう
私は何も生むことは出来ない
神の奇跡のように復活する事もさせる事も出来ない
私に出来る事は一つ
空を見上げ何かを得ようとする事だけ

戻る