新駒萱根大清水店

手打ち蕎麦の老舗

田舎蕎麦なのに、どこか洗練されている
白河の蕎麦の歴史が長いせいか
江戸初期、松平定信公もたしなまれたという
白河地域は標高が高く、比較的乾燥している
寒暖の差が激しい
この地は、蕎麦に適しているのだ
江戸時代後期には京の空気が入った。
奥州名物となった割子蕎麦は、どことなく京の臭いがする
しかし、乗せられる具はまた木訥としている
みちのくの良さがこんなところににじみ出る
是よりみちのく、白河 関の町
白河の蕎麦を食せずして、奥州は語れない


住所:961ー0004 白河市萱根字大清水36
電話・FAX:0248−27−1998
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜20:00
月曜定休

主なメニュー
・割子蕎麦(山菜、じゅん菜、とろろ、天ぷらなど5種の具) 950円
・二色割子(そば三段、うどん二段) 950円
・細道割子(あたたかい割子蕎麦) 950円
・七段割子蕎麦(具がさらに2段加わる) 1250円
・ざる蕎麦 530円
・その他

行き方(車)
・白河市内から国道4号線に出て、郡山方向に向かう。萱根にはいって右側。
 大きな看板あり。

お店の紹介ツアー(画像をクリックしてください)


shinkoma01.jpg
268 x 158
21K

shinkoma02.jpg
320 x 240
25K

shinkoma03.jpg
240 x 320
13K

shinkoma04.jpg
320 x 240
23K

shinkoma05.jpg
225 x 197
15K

shinkoma06.jpg
320 x 240
17K

shinkoma07.jpg
320 x 240
19K

shinkoma08.jpg
320 x 240
15K

shinkoma09.jpg
320 x 240
18K

shinkoma10.jpg
320 x 240
17K

shinkoma11.jpg
320 x 240
14K

shinkoma12.jpg
320 x 240
15K

好きなお店の紹介に戻る