例会:手打ちラーメン

時:平成11年3月22日午前10時〜午後4時
所:白河関の森公園

 今回も子供を含めて40〜50名の参加者を迎え、手打ちラーメンに挑戦しました。外は吹雪ともつかない壮絶な天気でしたが、集会場は熱気むんむんです。まずはスープ担当の奥ちゃんから仕込みの仕方の説明がありました。そして場所を蕎麦道場に移して、手打ち麺の説明がのりさんからありました。15人前後の人が、実際に500gの粉を使って手打ちに挑戦、汗を流しました。その途中でばいあんさんが、チャーシューとメンマの仕込みについて説明を行いました。深谷名人がのりさんと一緒にラーメン打ちの指導をして下さいました。ラーメン打ちに格闘する事1時間半、ようやく60食分の麺が出来上がりました。

 その間に、スープと具が出来上がり、集会場にみんな集まり、いよいよ会食と相成りました。ズルズルう〜ん自分で打ったラーメンは旨い!!代表ののりさんは4杯もおかわりをしてしまいました。みんなもおかわりしていました。用意した麺はみんな平らげてしまいました。深谷名人が打ってくれたラーメンもありました。これがまた、つるつるしこしこの絶品!!いやぁ、こんな例会はまたとありませんなぁ、あは、あは、あはははは。

 チャーシューやメンマもまた旨くて、あっという間になくなってしまいました。みんなお腹空いていたんだなぁ。ラーメンは準備が大変だし、後かたづけも容易ではありません。準備では角田さん、後かたづけでは、白河MENの女性陣と益田さんには特にお世話になりました。また、みんな後かたづけにはいつもいつも協力してもらって、集会場はいつも綺麗に掃除されます。みなさん、ありがとう。

 来年もやりましょうね。2000年記念ラーメンの為に、さらなる研鑽を積まねばなりません!!

 そういえば吹雪の中、自転車で帰ったダニエル君(アメリカ人)は大丈夫だったのだろうか・・・・・。のりさんは、会の後風邪ひいてしまいました。げほげほ。

 この例会の風景は白河MENのカメラマンタケちゃん(新開さん)が撮影しております。どうぞ別置きのページにお入り下さい。


戻る